オートリースを導入することで、面倒な車両管理業務の負担を減らすことができます

オートリースのリース料はリース満了時の残存価格を
あらかじめ差し引いて計算する為、月々のお支払を抑
えることができます。また、残存価格は中古車相場に
連動して設定するので人気の高い車種ほどリース料は
軽減します。


オートリースのメリット

  • 資金調達が不要です
    車両購入費用等は全額リース会社が支払います。手元資金を温存できます。
    銀行借入枠や手元資金を温存することができ、設備投資や運転資金などの事業資金に有効に活用できるため、より経営の発展に貢献します。
  • 事務処理を軽減します
    車両の減価償却処理や償却台帳の作成・管理、自動車税・保険などの支払業務などがなくなります。
    また、関係帳票の作成・管理や、支払業務などの事務作業が大幅に軽減されます。
  • 全額損金処理が可能です
    税務上リース料は全額必要経費(損金)として認められます。ただし、契約内容によっては、リース資産として資産計上し、減価償却費等で経費処理する場合があります。
  • 車両管理業務から解放されます
    メンテナンスリースの場合には、定期点検や車検の期日管理、さらにはオイル交換などの自動車のメンテナンス管理の心配がなくなります。

フォークリフトのリースも取扱いしておりますのでお尋ねください。